【レポート】石巻・女川でこれからの生き方・働き方を考える「Will 旅」開催しました!


3月3日-4日、エイチ・アイ・エス様と協働で、人生100年時代 生き方・働き方を考えるWill 旅を開催いたしました。

▲モリウミアスを立ち上げた油井元太郎さんと参加者のみなさんと。

多様な参加者とともに

1日目は仙台駅集合。南は宮崎から、名古屋、東京などから18名の方が参加!「東北」「モリウミアス」「生き方・働き方」さまざまなキーワードに魅力を感じて、多様な年代の多様な方々がご参加くださいました。仙台からバスで石巻へ。車中ではツアーに参加した動機と意気込みをお一人お一人お話しいただきました。

まずは石巻の「げんき市場」に立ち寄り、「げんき丼」でエネルギーチャージ!!

お昼は、「元気いちば」でげんき丼を。

震災の遺構を訪ねて

ランチ後、石巻市内めぐり。日和山公園から、石巻市の概況を把握します。

石巻市内から、雄勝町へ向かう途中で、震災遺構となることが決まった大川小学校を視察。

海から4キロ離れたこのエリアまで津波は川を遡上して襲ってきました。

その時、何が起きたのか。

大川小学校

建物のダメージの大きさから、津波の威力と、その時起きた悲劇の大きさに胸が潰れる思い。何が起きたのか、なぜそうなったのか。大人の責任としてそこから学び、これからの子どもたちに何ができて、何を引き継ぐかを突き付けられました。

失われつつある価値とは?

夕方、雄勝町にある廃校をリノベーションした子ども向け自然体験施設、モリウミアスに到着。震災後に雄勝町でモリウミアスを立ち上げた油井元太郎さんに施設ツアーをしていただきました。モリウミアスではブタや鶏、ヤギを飼育しています。ブタはソーセージに、鶏は肉と卵を頂き、ヤギの乳はチーズに、、、モリウミアスは自然から恵みを頂き、自然に帰る思想で設計されていて、例えば生活排水もすべて自然に浄化され、水田に流れる仕組みとなっています。

施設ツアーの後は、油井さんの講演。モリウミアスのチャレンジとともに、ご自身の生き方・働き方についてもお話しいただきました。