【ご報告】平成29年度内閣府 アジア・太平洋地域輝く女性の交流事業で代表の小安が「架け橋女性」に選ばれました

最終更新: 4日前


内閣府・男女共同参画局による平成29年度「アジア太平洋輝く女性の交流事業」において、代表 小安が「架け橋女性※」として選ばれ、事業報告書にインタビュー記事を掲載いただきました。

※架け橋女性とは、アジア・太平洋諸国を中心とする各国と日本の架け橋となり、お互いの国に貢献している女性。

同事業は、内閣府が平成28年度から開始。アジア・太平洋諸国を中心とする各国と日本の交流における架け橋女性(注)の活躍に焦点をあて、調査を行うとともに、架け橋女性を招聘してシンポジウムや国際交流の場を開催することなどにより、女性の視点から、日本とアジア・太平洋諸国との友好・信頼関係の深化を図ることを目的とした事業です。

今後一層、アジア・太平洋地域と日本の女性をつなぐ架け橋となるべく、事業展開してまいります。

#女性起業家

41回の閲覧0件のコメント

【日経MJ】ひとりで抱えず、「家族、職場、他者の3つの共有(シェア)」が重要

2021年2月12日付日経MJの記事「在宅勤務パパ子育て奮闘」で、代表小安のコメントが掲載されました。 男性の育児参加が進む一方で、子育て中のパパがひとりで「仕事と育児の両立」に悩んでいるケースも増えています。 子育てだけでなく、介護、治療など様々な理由で、仕事との両立に葛藤するひとはますます増えていきます。ひとりで抱えず、「家族、職場、他者の3つの共有(シェア)」が重要とコメント、特に在宅勤務中

willlab_tokyo_logo_new.png
  • Will Lab Facebook
  • Will Lab Twitter
CONTACT US
#27 Tiger Bldg 4-30-7 Kuramae,Taito-ku TOKYO, 111-0051
info@willlab.tokyo